心はいつも雨模様

徒然なるままに書いていきます。

驟雨日記 ~ 夏目漱石の本を受け取る ~

一日の仕事を終え、アパートに帰ってすぐにシャワーを浴び、そのまま椅子に座りホッと一息つく。「今日も何もなかったなあ」と、変化のない日々に文句を言いながらも、しばらくすると、仕事の疲れが出てきたのか、机の上でウトウトとし始める。

そんな矢先のことだった。半ば夢心地の気分でそのウトウト眠りを味わってた時に、突然、空間を引き裂くようなインターホンの音が部屋中に鳴り響いた。私は不意打ちを食らったかのごとく驚き、まどろんだ夢の世界から引きずり出され、つまらない現実に呼び戻される。いつもそうだ。いつもいつも、誰かが私の眠りを妨げる。

スズメの涙ほどの憎しみを抱えながら「よっこらせ」と椅子から立ちあがり、玄関へと向かう。するとまた「ピンポーン」と続けざまにインターホンがなった。

「ずいぶんとせっかちな訪問客だな」とウミガメの涙ほどの憎しみを抱えながら玄関の扉を開けると、この世の終わりを迎えたかのように、険しい形相をした女性配達員が私の目の前にヌッと現れた。若干ホラーに近かった。
「これに、、、サインを」と片腕をプルプルと震わせながら私宛の荷物を持ち、そして、もう片方の腕で領収書を差し出してくる。「えーと、どこにサインすればいいんですか」と暢気に質問していると、「ここ!!!」と、間髪入れずに、またしても険しい形相で私を睨んでくる。もっと落ち着けばいいのに。

受領のサインを書いて女性配達員に差し出すと、その配達員は獲物を狩るかのごとくシャッ!と領収書を受け取り、そして余計なお荷物を切り捨てるように、私に荷物を託した。予想もしなかった重さに思わず「うわ重た!」と声が出た。その間抜けな姿を見て女性配達員はフッと鼻で笑った。そして、とんずらした。

箱の中身はおおかた予想はついていたけど、漱石全集がこんなにも重量感のある代物だとは思わなかった。箱を開け中身を確認すると、分厚い古文書のような本がわんさか出てきた

f:id:aimaru105:20170615212004j:plain

「なんでこんな写真を撮ってんだ。早く読めよ」と周りからはブーブー文句を言われそう。
ただ、今は、古い本の匂いや、多くの人の手に渡ってきた古本自身の過去を、しっかりと味わっていたい。

図書館で味わうようなことを、まさか自宅で味わうことになろうとは、本当に夢にも思わなかった。

私は一体どこに進んでいくのだろうか。