心はいつも雨模様

徒然なるままに書いていきます。

2017年、初夏、東京③

5月は東京に行く機会が多く、6月になっても未だに東京の出来事を纏めきれずにいたので、今回で全て纏めようと思います。中村文則さんの文学講座に参加したことは詳細に記しましたが、腐れ縁の友人に会い、くだらない時間を過ごしたことは書いていませんでしたので、思い出の整理の為、そして、今後の東京旅行に活かすために、ほどほどに書き残しておきます。

 夜行バスはやっぱり眠れない

夜行バスで東京に行くのは今回で4回目で、さすがにもうバス慣れしているだろうと高を括っていましたが、成長虚しく、まったく眠ることができませんでした。しばらくバスには乗りたくありません。

印象に残った出来事と言えば、トイレ休憩のためサービスエリアに立ち寄ったことくらいですね。深夜1時30分過ぎ、真夜中であるにも関わらず、大勢の人たちがお土産屋さんや飲食コーナーに集まって元気に話をしていているので、その光景を見るやいなや「こいつら、眠くないんだろうか」と、疑問を抱かずにはいられませんでした。おそらく、旅行の熟練者は、生活のリズムを自由自在に操れるのでしょう。

 新宿

夜行バスは新宿のバスセンターに止まり、私はそこで降りました。外の空気を吸うために建物から出ると、時計塔のような建物が朝日に照らされて輝いている光景が目に飛び込んできました。新海誠の作品でよく描かれる建物だったので、眠いのも忘れて、この時ばかりはつい見惚れてしまいました。ちなみにあの時計塔のような建物は、NTTドコモのビルだということを、後になって知りました。しかも、新宿の象徴的建物だと思いきや、渋谷区に位置していたので、驚きです。

f:id:aimaru105:20170605212733j:plain
写真:朝の新宿の時計塔

 渋谷ハチ公前・スクランブル交差点

バスを降りた後は友人のアパートに向かい、明治大学近くの駅で降りました。この時、早朝6時過ぎで、電話をしても、出てくれる気配がまったくありません。「起きろよ~」と念じても、着信音が鳴り続けるだけでした。近くのカフェで時間を潰すことにし、その後、電話をしてから1時間後くらいに再度私のスマホに着信がありました。
「ごめん、寝てたわ~」
「許す」
こうして小学時代からの友人Kと初めて東京の地で会うことになりました。

渋谷が近かったので、まずは渋谷を見物しに行ました。「渋谷ハチ公前に待ち合わせ」誰しも、このセリフを一度は耳にしたことがあるでしょう。 ハチ公の像は、駅の出口を出たら、デデン!と現れるか思っていましたが、ひっそりと木の陰に隠れた状態で姿を現しました。涼し気な感じがして、待ち合わせに相応しい場所ですね。

f:id:aimaru105:20170605212415j:plain
写真:「渋谷ハチ公前に待ち合わせ」

スクランブル交差点は初夏の陽射しがさんさんと照り付けていて、目玉焼きが作れるくらいに熱気が籠っていました。ヒートアイランド現象の根源ですね。

f:id:aimaru105:20170605212504j:plain
写真:渋谷の風景

 上野公園・上野動物園

次は上野公園へ行きました。女友達のMが12時過ぎに上野駅にて合流する流れとなっていたので、適当に歩き回り、時間を潰していきました。上野公園に生い茂る木々の葉たちが初夏の陽射しを遮り、木漏れ陽が気持ちよく感じられました。
公園内の草木の匂いが少年時代の思い出を呼び覚まし、私たちは昔の思い出を語り出しました。
「そういえば、地元の祭りで、馬が大量のう○こを道路一面に漏らしたのを覚えてる?」
「覚えてる覚えてる。君はあのう○こを見て、たいそう喜んでたね」
「あの祭りはう○こしか印象に残っていない。というかマルイネコも喜んでたろう?」
「う○こを見て喜ぶわけないだろう」
「あと、マルイネコは僕のパチンコを使って、う○こに目掛けて弾を発射させて、う○こを爆発させたことがあったね。飛び散ったう○こはみんなの服、あるいは道具に付着して、大変だった。あのバカげた行為は今でも鮮明に覚えてる」
「俺、そんなことしたっけ?」
「忘れんなこのう○こタレ野郎」
「別にう○こはタレてない。あ、毛虫だ」
「イヤー」
「うっそー」
…もう二十代半ばであるはずなのに、私たちはう○こと毛虫の話だけで盛り上がりました。本当に、子供の頃からまったく成長していません。上野公園で飲むラムネは最高に美味しかったです。

f:id:aimaru105:20170605214155j:plain
写真:ラムネ

その後、小学時代からの女友達Mが東京に到着し、無事に合流しました。Mは東京に到着するなり、ジミー大西を駅で見かけたことにすごく興奮していました。
ジミー大西に会ったんだよーーー!」
「確かにすごいけど、何か微妙だ」とK。
「Mに相応しい人徳を如実に表してる」と私。
「は~?(怒)」
そのまま上野動物園に向かいました。暑さのせいか、動物たちは基本的にうなだれていました。

f:id:aimaru105:20170605214236j:plain
「やる気でねー…」といった感じ。でも、まったくやる気の感じられないパンダは、それはそれで可愛かったです。
一通り見た後、中村文則さんに会うため、私はここで一旦離脱しました。

 下北沢

夕食は下北沢でとることになりました。下北沢は細く入り組んだ道が多いのが特徴で、お洒落な雑貨屋さんや、食べ物屋、そして、飲み屋が、所狭しと軒を連ねていていました。歩いているだけでワクワクします。旅行者にはおすすめの場所ですね。

f:id:aimaru105:20170605222439j:plain
写真:下北沢の夜の街並み

f:id:aimaru105:20170605221006j:plain
写真:とある飲み屋のおでん。ダイナミックに大根が使われていますね。

 吉祥寺・井之頭公園

友人のアパートに泊まり、アホな話をした翌日は、吉祥寺の井之頭公園を散歩しに行きました。ランニングをしている人、読書に耽っている人、楽器を弾いている人、そして、不思議なアクセサリーや雑貨などを売っている人など、様々な人がいたので、公園としのスケールの大きさを実感しました。住みたい町ナンバーワンになるのも頷けます。

f:id:aimaru105:20170605221851j:plain
写真:井之頭公園入口

f:id:aimaru105:20170605221750j:plain
写真:水面に映る青葉

f:id:aimaru105:20170605222336j:plain
写真:散歩コース

 秋葉原

アキバはゴールデンウィークに会社の先輩と満喫したので、前よりは大きな感動と言ったものはありませんでした。しかしまだ入ったことのないお店などに立ち寄ったりしたので、それなりに楽しめました。小学時代に流行ったゲームなどを見て回り「懐かしいなあ」と、会話を弾ませることができるのは、秋葉原ならではの楽しみ方ではないでしょうか。それと、メイドカフェには行かず、またしても猫カフェに行きました。

f:id:aimaru105:20170605221250j:plain
猫は何度見ても可愛いし癒されるので、猫カフェは、至福の時を過ごせる天国のような場所ですね。

女友達のMが「ジュクシ!ジュクシ!」と効果音を発しながら、友人のお腹を攻撃する外国人観光客の姿を目撃して、「馬鹿だなあ~」と呆れていました。でも、どこか愛おしさのこもった顔つきで、一部始終を回想していたのがとても印象的でした。子供心の大切さを、もしかすると気づいたのかもしれませんね。大人になると、心が無機質になってしまいますから。

 浅草

最後に、女友達のMが浅草に行きたいということだったので、私たちは浅草へと向かいました。私自身、浅草は三回目となりましたが、何度訪れても、あの人の多さと、活気に満ちたお店の佇まいには、驚いてしまいます。あそこは、東京では上位に入るほど、人が多く密集する地域なのではないでしょうか。私はそう思います。

この時点で暑さと眠気と人の多さで心身ともにヘトヘトになっており、みんなの口数が少なくなっていました。もうすぐ旅行も潮時だ。そう頭によぎったことでしょう。

浅草寺でおみくじを引き、今後の人生の良し悪しを決めてから、今回の三人での東京旅行を締めくくることになりました。運命のくじ引きの結果はこうなりました。
友人K:小吉
女友達M:大吉
私:凶
「いやー良かった良かった。終わりよければすべて良し。あれ、マルイネコ、なんで遠い目をしてるの?」
「世界なんて…終わってしまえばいい」

私は浅草寺から飛び出し、空を見上げ、目をカッと見開き「神様のバカヤロー!」と心の中で叫びました。

こうして、小学時代の古き良き友人との初夏の東京旅行は、幕を閉じることになりました。

 過去記事
   ↓ ↓ ↓

aimaru105.hatenablog.jp

aimaru105.hatenablog.jp