読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心はいつも雨模様

徒然なるままに書いていきます。

妄想手紙 ~ 幼馴染へ送る 3通目 (私) ~

f:id:aimaru105:20170327183915j:plain

   ヤマジュン

拝啓 俺より長文で手紙を返してくるとはさすがやるな。コノヤロウ。しょうもない腐れ縁だけはある。

 4月の半ばになると東京の桜も散り始めている頃ではないだろうか?大阪城の周りに咲き誇る満開の桜は本当に綺麗だったよ。でも満開の姿は一瞬で、今はわずかなピンク色を残しているだけ。まるで青春の淡い恋心のようではないか。

 それにしても、彼女とはどういうことだ。俺は聞いてないぞ。けしからん。君だけ恋の蜜をたんと味わっているなんてズルイ。ズルイ、ズルイ、ズルイ。なんてね、俺はそんな事で動揺したりなんかしない。文字が少し震えているのは、連続でクシャミをしてしまったからだ。花粉には敵わない。どうやって彼女を作った?まさか画面から出てこないというオチではあるまいな。

 社会人生活、順調そうで何より。この調子で何の実りのない日々を謳歌したまえ。あのメールが悲観的でないことくらい俺は分かっていたさ。腐れ縁だもの。ただ、長い人生の中で一つの節目と思われる就職先の選択に躊躇していた君は、少なからず前向きでは無かったはず。あまり強がるのも良くないぞ。俺だって今の会社に不満はある。むしろ辞めてもいいくらいだ。

  俺が公務員試験に受からなかったのは必然だったように思う。君は分かっている通り俺はあまり外出を好まない。それなのに面接官からは「旅行するならどこに行きたい」という質問が嫌というほど飛んでくる。俺は思考停止に陥るばかりだった。30秒以上無言が続く。特に行きたいところもないので、すんなりとは思い浮かばないし、かといって適当に言っても突っ込まれたらアウトだ。もともと向いてなかったのかもしれない。公務員の面接の極意は嘘を貫き通すことと言われているから、仕事でもそれくらいのコミュ力が求められるのかも。

 君のジャッキー・チェン人形が破壊された事件、すっかり忘れていたよ。君の手紙を読んでやっとこさ思い出した。俺はやってない。絶対に。神に誓って。俺はたくさんのいたずらをしてきたが、その一つ一つを鮮明に覚えている。アホみたいに深い落とし穴を作って、りょっぱを付き落としたり、草抜きで集めた雑草をヤマジュンの草入れに全部詰め込んだり、今考えるとかわいいもんだ。しかしジャッキー・チェン人形を破壊した記憶はまったくないんだ。壊してたらたぶん笑わなかったと思う。イタズラは好きだったけど、心から悲しむようなことは俺は好まなかった。

 それと君は嘘をついている。手紙を書くのが、成人に向けての自分が初めてだったと、そんな出鱈目を言うんじゃあない。

 忘れたとは言わせない。お互い小学生だった当時、君は俺よりアホだった。そのアホさ加減が有頂天に達し、君は、とある先生に恋文を書いた。その先生は教育実習の為、数週間だけ先生をしている人で、とびきりの可愛さだったのは当時の俺も覚えてる。教育実習期間が終わり、先生が学校を去る、その時に君は手紙を渡した。手紙を受け取った先生は、優しく微笑んで、君の頭をポンポンと叩き「10年後にまたお願い。それまでは開けずに大切に取っておくからね」と言った。これは全部君から聞いた証言だ。君は変な大人の映画でも観たんじゃないか。これを読んで君は赤面してはいまいか。思い出したかこのロマンチスト。

 その後、初恋が見事に砕け散った君は、何を血迷ったのか、運動場にあるうんていの上を走って渡ってみせると皆の前で宣言した。男子全員が見守る中「うあ~」と叫びながら、甘酸っぱい初恋の味を必死に忘れようと、うんていの上を駆け抜けていった。しかし君は15本目で踏み外し、15本目の棒が股間にクリーンヒットした。あれは本当にいろんな意味で見ていて痛々しかった。君は悶絶し、のたうち回り、男子全員の笑いを誘い、そのまま終わった。

 それ以来、君は伝説となり、クラスの人気者になった。(男子限定)

 体育の授業で、うんていを使う授業があった時はいつも君のくだらないお披露目を思い出して、集中できなかった。結局クラスの中ではそのうんていは「股間うんてい」と名が付き、男性からは称えられ、女性からはおぞましいものを見るような目つきでその15本目の棒を見ていた。女子全員はその棒の前であきらめた。先生は「なぜ女子は15本目の手前であきらめるんだ」とブリブリ文句を言っていた。それは俺たち、クラスの中だけが知る秘密。いつかみんなで話したいな。君の彼女とやらも含めてな。昔の話をするとどうも手紙が長々しくなっていけない。もう少しお互い簡潔にまとめようぜ。

 それではこの辺で。男だけに送るのは華がないと思ったので、この前、春子にも手紙を送ってみた。春子にはずっといろんなことに負かされてばかりだったから、手紙なら彼女に勝てるかもしれない。彼女の悔しがる姿が目に浮かんできてとても愉快だ。ははは。君も送ってみたらどうだ。

 ところで、ゴールデンウィークは実家に帰るのかい。
 返事は手紙かメールをよこせ。
 それじゃあさらばだ変態。

                                                                               敬具

2017年4月15日                       

          変態を遥かに凌駕する天才 マルイネコ

 

前回記事

↓ ↓ ↓

aimaru105.hatenablog.jp