心はいつも雨模様

記憶より記録

死んだブログから学んだこと

本当に心に余裕がない時は、鼻歌程度の文章すら思い浮かばない。

生きていくために現実の厳しさと向き合って悩んで考えて落ち込んで、そうしたらあっという間に時間が経過していく。

だから今こうして日記が書けているということは、少なからず今だけは心に余裕が生まれているのだと思う。良い傾向なのか悪い傾向なのか分からないけれど、多分、良い方向に向かいつつあるのだと、前向きに捉えておこう。。。

私のブログは死んでいた。全く息をしていない状態だったので、存在すらもう忘れられてしまったと思う。

でもそんなブログでもちゃんと意味があるのだと、みんなに提言したい。
死んでいたブログを読み返してみると、意外と面白い発見があったりする。
当時の自分はこんなことを考えていたんだ、こんなことを感じていたんだ、と、過去の自分から改めて教わることが見えてくる。ブログや日記もそうだけど、SNSでのやりとりとか、今までに読んだ本とか映画の作品などを見返すと、良い刺激になったりする。

過去の自分から学べるものがある

営業に移動になってから、悔しくて、でも、負けたくなくて、とにかく人とお金に慣れるように自分なりに頑張ってきた。でも性格的に合わないことを無理に続けたので、体に影響が出てしまった。低血糖、白血球減少症、全身じんましん。笑える。メソメソ親に電話をしたのは今となっては滑稽な思い出。人生オワタと思うくらい心と体は密接に関わり合っているのだと、再確認した。外に出て、穏やかな場所で日に当たる時間を作ろう。

健康は大事

そして、人が人である以上、完璧な人間関係なんて存在しない。それを二十代半ばになってようやく気づけた。嘘ばかり言う人。お金と地位を振りかざし見下す人。他人の人生を否定する人。世の中にはいろんな人がいる。だけど、もう少し人を信じてみたいなと未だに思うこともあるので、まだまだ頭の中はロマンチストだなと我ながら思う。良い人もいるけど悪い人もいる。難しい世界で私たちは生きている。

完璧な人間関係は存在しない。だから身近な人を優しく大切に

就職のため、関西に来て2年が経つ。辛い気持ちを押し殺してなんとかここまでこれたけど、でもやっぱり辛い気持ちは消えない。辛い、が人生なんだよねきっと。だから辛い人生の中で自分の楽しさを見つけていくしないんだと、これも今になってようやく気づけた。辛いトンネルを抜けてたら次はキラキラした幸せがやってくる。今までの全部が報われる。なんてことは、ない。世界が自分自身を幸せにしてくれるなんて、そんな綺麗事はない。自分で納得のいく状況を掴み取らないといけない。先が見えなくて怖いけど、でも頑張るしかない。頑張ろう。

・楽しさは自分で掴み取る。見つからなければ、ちょっと冒険してみる

  ・
  ・
  ・

最初は不安で何もかもが愛着のないぶっきらぼうな街並みに見えた大阪も、今は見慣れた地元の風景のようにすんなりと視界に収まる。

感慨深い思い出なんて何もない大阪で迎える春も、特に期待するものなんて何もないのだろうけど、でも、初めて目にした大阪の桜は去年よりも、一昨年よりも、きっとキレイに見えるんだろうなと、そんな気がして、心は春一色に染まりつつある自分が恨めしくもあるのだった。

 

異動

普段はまったく話すことのない同じ課の上司(課長)に、いきなり「今晩、一緒に夕食でもどう?」と言われた。

この時、何となく嫌な予感はした。

課長に連れられ、近くの居酒屋に入り、緊張しながらも夕食を楽しんだ。

最初は今の仕事のやりがいとか、課の雰囲気とか、嫌いな人は誰なのか、などなど他愛のないことを話していたのだけれど、「それじゃあ、本題に入ろうか」と、急に話題を変えてきたので、一瞬にして緊迫した空気が張り詰めた。

「新しい仕事やってみたくない?」
「新しい仕事ですか」
「そう。例えば今の仕事を離れるとしたら、君に何ができると思う?」
「それは…やはりシステムを1年以上学んできたから、システム関係をベースにして仕事をするのがいいんじゃないでしょうか」
「システム以外で答えて」
あまりの詰問に、私はしどろもどろ状態だった。
「情報は会社にとって武器なので、情報を扱う仕事をするのが、会社にとっても、私にとっても、成長できる仕事になると思います」
漠然とした答えだったけど、課長は「なるほどね」と答えてくれた。

こうして悪夢のような夕食は終わりを迎えた。
気が付けば、居酒屋に入ってから4時間が経っていた。

数日後、また課長に呼び出され、来月から営業課へ異動になると命じられた。

それが、8月の大きな出来事。

入社して1年4ヶ月、死に物狂いでプログラミングを学んできたのに、あっけなくその努力が水泡に帰すことになる。今後、プログラミングを扱うことはないとも言っていた。

技術を磨くために遠い地へと就職したのに、私は何をやっているのだろう。

思い通りにいかない人生に、唾を吐きかけてやりたい。

驟雨日記 "ため息交じりの金曜日"

この世で最も尊い曜日は金曜日。そう答える人の割合は3人に2人くらい、いや10人中9人は口を揃えて金曜日の尊さを訴えるのではなかろうか。

ただ、6月の最後の金曜日は湿っぽかった。プールサイドにいるかのような梅雨らしいジメッとした空気が社内を充満している中、上司のため息もそれと等しく充満していた。

今日、長年(20年以上)会社を支えてきた鬼上司が私のいる部署にお別れのあいさつを言いに来た。本当に突然のことだったので驚いた。

転職なんてありふれた出来事だけど、私のいる会社は中小企業なので、一人辞めるとかなりのダメージを受ける。特に今回辞められる鬼上司は、会社の半分以上の売上を担っている、重要な部署を取りまとめている人だったので、会社の存続を考えると、辞めるなんてあり得ないと思った。でも、今日限りで辞めると、確かに言った。

社会人なってから、別れの連続ばかりだ。入社して1年と数ヶ月が経ち、その間に上司を含め10人の先輩社員が社内から姿を消した。残ったのはお通夜の如く静まり返る社内と、仕事の引き継ぎに追われる上司のため息ばかり。

私も、めまぐるしい日々に、何となくため息を吐く。

ため息交じりの金曜日に、乾杯。